1. 知っていれば薬がおトクに|海外医薬品通販   >  
  2. 海外医薬品の落とし穴

海外医薬品の落とし穴

購入しやすい手頃な価格と簡単な購入方法から広く認知されている海外医薬品ですが、メリットの陰には知っておくべきリスクも存在します。
危険性を理解しておけば、安全に使える海外医薬品。どういった恐れがあるのかをチェックして、リスクヘッジにつなげていきましょう。

・粗悪品、偽造品の可能性
・代金支払い後、商品が届かない
・何が起きても自己責任

メーカー正規品であれば不安のない海外医薬品ですが、不衛生な設備や製造ラインで作られた偽造品であった場合には、期待した効果が得られないだけでなく健康被害の可能性が高まります。重篤な障害を負ってしまったり、最悪な場合には死に至るケースもあるので、服用にあたっては正規品の購入が絶対条件です。
代金を支払ったのに商品が届かないという災難も予測しておいた方がいいでしょう。

こう聞くと「海外医薬品なんて買わない方がいいのでは…」と感じてしまいますが、どちらのトラブルも販売サイトが悪徳業者だった場合のこと。信頼できる通販サイトで購入すれば、こういったリスクは回避できます。
運営元の所在地や電話番号の有無、電話対応の態度、正規品の記載、口コミの内容を参考にして、優良なサイトを選んでいきたいですね。

海外の医薬品は日本での品質チェックが行われておらず、購入や服用はすべて自己責任のということも認識しておかなければなりません。
また、品質表示や説明書は現地の言葉で記載されていることがほとんどなので、成分や副作用、服用方法の確認が難しくなります。購入サイトの商品説明と照らし合わせて内容を十分に把握しておくことや、薬の成分についてリサーチしてみることも大切。
医薬品の服用には細心の注意をはらって、体調改善につなげていきましょう。